ジギングリールの先駆けとして、常に王道を歩んできたオシアジガー。進化の過程で追求したのはリールの本質、ただその一点である。堅牢なボディ、力強く滑らかな"巻き"、そして酷使に耐えるタフネス。いついかなる時でも信頼できる道具であることが、ジガーの求める唯一の答えだ。 そんなジギングリールの代名詞・オシアジガーが、回転フィールをいっそう高めて新登場。新機構インフィニティドライブの搭載により回転抵抗を最大約60%排除し、軽く、パワフルな巻き上げを実現。耐久性の面でも、高剛性なHAGANEボディと高い防水性能を誇るXプロテクトが内部構造をガッチリとガード。さらにはボディやハンドル、クラッチレバーにも冷間鍛造を採用するなど、妥協なきタフネスを装備してオフショアアングラーの技に応える。次元を超えたその回転フィールを体感するとき、ジギングはまた一歩先へと進む。

【ギア比】6.2
【最大ドラグ力】10.0
【自重】595g
【スプール寸法(径mm/幅mm) 】60/25
【糸巻量(号-m)】3-400、4-300、5-220
【最大巻上長】ハンドル1回転/117cm
【ハンドル長(mm)】80/92
【ベアリング数(S A-RB/ローラー )】8/1
【本体価格】55,500 円(税抜)
【商品コード】036711


回転抵抗最大約60%減 ※当社従来比
発想の転換で不可能に挑む インフィニティドライブ
軽く滑らかなジガーの“巻き”感を、さらに軽快にできないか?
強度を維持したままで操作性をもっと高めたい。
不可能とも思えるこんな課題を克服したのは発想の転換だった。
それはギアの支持構造を根底から覆す新機構、インフィニティドライブ。
回転抵抗を最大約60%排除した驚異の“巻き”が、新たなジギングの扉を開く。

ピニオンギア支持構造の一新
より効率的な巻き上げを実現する上でキーとなるのは、ピニオンギアをスプール側で支持するグリスベアリング。インフィニティドライブでは回転抵抗の大きいこのベアリングで支持をせず、ピニオンギアを内側からスプール軸で支持する構造を採用。さらにピニオンギアの支持距離や肉厚の最適化を図ることにより、ギア強度を落とすことなく軽快な回転性能を実現。高い支持剛性をもたせると同時に、ギア駆動部の回転抵抗低減に成功した。

ドラグサウンド機構の変更
ドラグサウンド機構も巻き上げ効率に影響を与える要因のひとつ。そこで、11オシアジガーでは常時摺動する構造だった「音出しラチェット」と「音出しピンを駆動させる作動バネ」を再検証。NEWオシアジガーではこのバネを取り払い、ハンドル回転時に一切の摺動抵抗を発生させないドラグサウンド機構を採用した。

NEWオシアジガー紹介ページ
http://fishing.shimano.co.jp/product/reel/4854

 
  • <img class='new_mark_img1' src='//img.shop-pro.jp/img/new/icons15.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' />17年式NEWオシアジガー/2000NR−HG

17年式NEWオシアジガー/2000NR−HG

44,955円(税3,330円)

定価 59,940円(税4,440円)

購入数

カテゴリー

営業日カレンダー

    

ABOUT